編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

国家支援のハッカーによる12の悪質なサイバー攻撃 - 7/12

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2018-09-17 08:30

ソニーの受難

 2014年に起こったSony Picturesに対する破壊的な攻撃によって、同社の社内システムは機能を停止し、何テラバイトものデータが流出して、著名人や従業員に関する情報も暴露された。

 このハッキングを行った犯人の特定は、「Guardians of the Peace」(平和の守護者)を名乗る組織の仕業であることを示すメッセージ以外に手がかりが得られず難航したが、現在では、このサイバー攻撃は北朝鮮政府が支援するハッカー集団とされる「Lazarus Group」のメンバーPark Jin Hyok氏が関与したものだとされている。

ソニーの受難

 2014年に起こったSony Picturesに対する破壊的な攻撃によって、同社の社内システムは機能を停止し、何テラバイトものデータが流出して、著名人や従業員に関する情報も暴露された。

 このハッキングを行った犯人の特定は、「Guardians of the Peace」(平和の守護者)を名乗る組織の仕業であることを示すメッセージ以外に手がかりが得られず難航したが、現在では、このサイバー攻撃は北朝鮮政府が支援するハッカー集団とされる「Lazarus Group」のメンバーPark Jin Hyok氏が関与したものだとされている。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]