編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

国家支援のハッカーによる12の悪質なサイバー攻撃 - 9/12

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2018-09-17 08:30

世界のルータが危険に

 米国と英国の政府機関は2018年、家庭用ルータやISP、ファイアウォールに対する大規模なサイバー攻撃が実行される可能性があると警告した。米国土安全保障省(DHS)、米連邦捜査局(FBI)、英政府通信本部(GCHQ)傘下のサイバー部門である国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)によれば、侵入されたシステムは国家後援の攻撃グループに貴重な情報を奪われるだけでなく、将来の攻撃の足がかりになってしまう可能性もあると述べている。

 5月には、世界各国で50万台超のルータが高度なマルウェア「VPNFilter」に感染していることが明らかになった。VPNFilterには中間者(MITM)攻撃機能が搭載されているとされている。

 VPNFilterによる攻撃の背後には、ロシア政府の後援を受けたハッカーがいると考えられている。

世界のルータが危険に

 米国と英国の政府機関は2018年、家庭用ルータやISP、ファイアウォールに対する大規模なサイバー攻撃が実行される可能性があると警告した。米国土安全保障省(DHS)、米連邦捜査局(FBI)、英政府通信本部(GCHQ)傘下のサイバー部門である国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)によれば、侵入されたシステムは国家後援の攻撃グループに貴重な情報を奪われるだけでなく、将来の攻撃の足がかりになってしまう可能性もあると述べている。

 5月には、世界各国で50万台超のルータが高度なマルウェア「VPNFilter」に感染していることが明らかになった。VPNFilterには中間者(MITM)攻撃機能が搭載されているとされている。

 VPNFilterによる攻撃の背後には、ロシア政府の後援を受けたハッカーがいると考えられている。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]