編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NTT東、AWSとAzureのシステムの設計から保守までを提供--日本円で対応

ZDNet Japan Staff

2018-10-26 14:56

 NTT東日本は10月26日、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureを利用するシステム設計、構築、保守のサービスを11月1日に開始すると発表した。2016年8月から提供する専用線接続サービスと併せ、クラウド対応サービスを拡充する。

 新サービスでは、同社がAWSとAzureのアカウント作成、請求代行(日本円)、故障や問い合わせ窓口の設置を行うほか、AWS(Amazon ConnectおよびAWS Managed Services、Alexa for Businessを除く)とAzureの各サービスを利用した設計・構築・保守に個別対応する。

サービスイメージ
サービスイメージ

 同社は、特にIT担当者が少ないか不在の企業や自治体では、専用線接続以外の部分をユーザーが自前で対処せざるを得ず、大きな負荷だったと説明。近年はAWSやAzureの導入を検討する組織が増加しているとし、ユーザーの負荷を軽減するために、設計・構築・保守・支払いまでも含むサービス化を図ったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]