編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

財務省税関、電子申告ゲートを用いた実証実験--税関検査に顔認証を活用

NO BUDGET

2018-11-09 16:15

 2019年4月以降、財務省税関は成田空港の第3ターミナルで電子申告ゲートを用いた実証実験を開始する予定だ。電子申告ゲートを受注したNECが11月7日に明らかにした。

 この電子ゲートは、入国審査後の税関検査に利用される。NECの顔認証技術を活用し、キオスク端末(電子申告端末)と出口ゲートでの本人確認を行う。また、スマートフォン向けアプリ(税関申告アプリ)を用いた携帯品の電子申告により、申告・通関手続きの迅速化を図ることができる。これにより、入国者による携帯品・別送品申告書の作成の簡易化やスピーディな申告・通関手続きが可能となる。

電子申告ゲートの利用イメージ
電子申告ゲートの利用イメージ(出典:NEC)

 顔認証技術を活用した出口ゲートでは、税関検査場に設置された電子申告端末で撮影した顔画像と、出口ゲートに設置された顔認証カメラで撮影した顔を照合して本人確認を行う。出口ゲートに近づく人の顔を連続撮影しているため、カメラの位置を意識することなく歩きながらの認証が可能だ。なお、電子申告ゲートで撮影した顔画像は、本人確認のための照合にのみ用いられ、ゲート通過後に削除される。

 また、税関申告アプリを用いて携帯品の内容などを入力し、アプリ上でQRコードを取得し、その後、税関検査場に設置された電子申告端末でパスポートと、アプリに表示されたQRコードを読み取ることで、従来の紙による携帯品・別送品申告書より簡単に携帯品の申告手続きができる。電子申告端末の操作中に内蔵カメラで本人を撮影し、パスポートのICチップに搭載した顔画像と照合して本人確認も行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]