編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IoTやAIが浸透したデジタル社会の取り組みを披露--NECの新野社長が基調講演

大河原克行

2018-11-09 07:00

NECの新野隆社長兼CEO
NECの新野隆社長兼CEO

 NECは11月8、9日の2日間、東京国際フォーラムで同社最大のプライベートイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018」を開催。会期初日には、NECの新野隆社長 兼 最高経営責任者(CEO)が「Digital Inclusion~デジタルのチカラで、ひとりひとりが輝く社会へ~」と題した基調講演を行った。

 NECは、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)に代表されるデジタルが浸透した社会を「Digital Inclusion」とし、顧客との共創を通じた新たな社会価値の創造や、地球規模の社会課題の解決を通じて、一人ひとりが生き生きと輝く社会の実現を目指している。基調講演では、こうした取り組みを通じて、NECが考える未来について、事例を交えて紹介した。

 冒頭に新野氏は、Digital Inclusionの定義について説明。「実世界にあるさまざまなものを可視化・分析し、価値に変えていくために対処することで、世界中の全てのものが全体最適の観点で無駄を省き、社会のあらゆるものを高度化していくことができる社会。そして、性別や年齢、障害などに関係なく、全ての人がデジタルの力によって、個々人が保有する多様な能力を発揮し、それを生かせる場や機会が提供される社会」とした。

Digital Inclusionの定義
Digital Inclusionの定義

 また、NECは、Digital Inclusionの世界において、「安全、安心、効率、公平という価値を提供できる」とし、「Smart Connectivity」「Cyber Security」「AI Technologies」「Bio-IDiom」の4つの観点から、同社の取り組みに触れた。

 Smart Connectivityでは、「NECは長年にわたり、さまざまな形でネットワークの事業をしてきたが、これからは全てをつなぐのではなく、必要な人に必要なものをつなぐということが大切になる」と発言。Cyber Securityについては、「攻撃から守るということに加えて、正常を維持することがより重要になってくる。これまではセキュリティを後から追加していたが、これからはセキュリティを担保して作ること、安全な社会システムが維持されることが大切になる。NECは“Security By Design”という取り組みを進める」とした。ここでは、自動で実システム環境を仮想モデル化する「サイバー攻撃リスク自動診断技術」を紹介。脆弱性情報や分析データベースとの組み合わせで、未来の攻撃箇所を予測する攻撃リスクシミュレーションが可能になり、効率的な対処が可能になるとした。

 AI Technologiesでは、NECのAI技術群「NEC the WISE」において、可視化、分析、対処という観点から技術を用意し、圧倒的な効率化の実現と、人への示唆の高度化という2つの観点からAIを進化させることを示す一方、「発見したルールを説明できるホワイトボックス型のAIへの関心が高まっている。NECは、この領域において、既に事業化を進めており、2017年から2018年にかけて、ホワイトボックス型AIの商談案件数が360件に達し、そのうち、120件で稼働が始まっている」と説明した。

圧倒的な効率化の実現と、人への示唆の高度化という2つの観点からAIが進化
圧倒的な効率化の実現と、人への示唆の高度化という2つの観点からAIが進化

 Bio-IDiomに関しては、NECが生体認証技術として、指認証、指紋・掌紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認識、耳音響認証の6つの技術に取り組んでいることを示しながら、「NECは世界ナンバーワンの生体認証技術を持っている。この技術をデジタルを活用するための入口に利用することで、誰もが安心してデジタルを活用できる世界の実現を目指す」とした。

 生体認証技術の活用事例として、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて、大会関係者や報道関係者など約30万人を対象にした顔認証システムによる本人確認ソリューションを提供することを紹介した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]