編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
Microsoft Connect();

MSがAzure Cosmos DBの料金改定--Azure MLサービスの一般提供開始を発表

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-05 13:19

 米国時間12月4日、Microsoftは同社主催のイベント「Microsoft Connect();」で、さまざまな製品やサービスに関する数多くの発表を行った。

 筆者が特に注目したのは、Azureのデータやアナリティクス、AIに関する項目だ。今回の発表では、Azureの2つの魅力的なサービスに重要な発表があった。

Cosmos DBの料金改定

 まずはMicrosoftの「Cosmos DB」の話題から始めよう。NoSQLをネイティブにサポートするグローバル分散型のデータベースサービスであるAzure Cosmos DBは、以前から技術的には魅力的な存在だったが、多くの顧客にとっては最低利用料金が大きな壁になっていた。

 今回の価格改定では、コンテナのプロビジョニング済みスループットの最小RU(要求ユニット)が1000RU/秒から400RU/秒に引き下げられた。これは、最低料金が月額60ドルから月額24ドルに引き下げられたことを意味する。

 Microsoftは、データを複数のコンテナに分割している顧客などのためにスループットを共有する仕組みを導入しており、データベース単位でのスループットのプロビジョニングがこれにあたる。今回の改訂では、データベース単位での最小RUも400RU/秒に変更された。こちらは、以前は1万RU/秒が最小単位だった。

 つまり、複数のコンテナから構成されるCosmos DBデータベースの最低料金が、月額600ドルから月額24ドルに引き下げられたということだ。さらに、プロビジョニング済みスループットのスケールアップ/ダウンの粒度も、(コンテナ、データベースを問わず)100RU/秒(月額6ドル)に引き下げられた。以前は最小粒度が1000RU/秒だったことを考えれば、文字通り桁違いに小さくなった。

Azure Machine Learningの一般提供開始

 一方、AI関連では、「Azure Machine Learningサービス」の一般提供開始(GA)が発表された。

 Azureの最初の機械学習サービス(現在は「Azure Machine Learning Studio」と呼ばれている)は、機械学習用の一種のビジュアル開発環境だった。このソリューションは技術的な難易度がかなり高く、Microsoft独自の技術であり、コードとの相性も悪いため、これを最大限に活かすためにはいずれにせよデータサイエンティストが必要になるにも関わらず、データサイエンティストにとっては魅力を感じにくいものだった。

 しかし、今回一般提供が開始されたAzure Machine Learning(Azure ML)サービスは、ほぼあらゆるPythonの開発環境に対応している。Pythonはデータサイエンティストに特に人気のある言語だ。データサイエンティストは、コマンドラインからでも、「PyCharm」からでも、「Jupyter Notebook」からでも、「Azure Databricks」のノートブックからでさえ、Azure MLの実験、データの準備、トレーニング、デプロイメント、モデル管理、装置の監視などを行うことができるほか、機械学習や深層学習のさまざまなアルゴリズムフレームワーク(PyTorchTensorFlowscikit-learnを含む)を利用することができる。

 またAzure MLサービスでは、「Visual Studio Code」からのアクセスもサポートされている。実際、Visual Studio CodeにPython拡張機能をインストールしていれば、Jupyter Notebookの読み込みにも対応でき、エディタの中でmatplotlibの可視化機能も利用できるため、利便性は向上している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]