編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

IBM、「Notes」「Domino」などソフトウェア製品をHCLに売却へ--約2030億円

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2018-12-07 16:26

 IBMは、複数のソフトウェア製品をHCL Technologiesに18億ドル(約2030億円)で売却すると発表した。規制当局の承認を経て、取り引きは2019年の半ばに完了する見通しだ。

 対象となる製品は、「Notes/Domino」「Connections」のほか、「Portal」「Commerce」「Unica」のオンプレミス版、「BigFix」「Appscan」となる。

 HCL Technologiesのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるC Vijayakumar氏は、「当社が今回買収する製品は、セキュリティ、マーケティング、コマースといった大きく成長している市場分野のもので、どれもHCLにとって戦略的に重要な分野だ」とし、これらの製品の多くは、顧客や業界アナリストに高く評価されていると述べた。

 Vijayakumar氏はさらに、HCLが買収する製品と既存の自社製品を組み合わせ、"as-a-service"製品を作り出すことに「非常に大きな可能性」を見いだしていると述べている。

 IBMのコグニティブソリューションおよびリサーチ部門担当のシニアバイスプレジデントであるJohn Kelly氏は、売却する製品がHCLに「戦略的に大きく適合する」と述べた。

 同氏はさらに、「当社は、スタンドアロン製品として提供される機会が増えている、これらのよりすぐりのコラボレーション、マーケティング、コマースのソフトウェアの資産を売却するのにちょうど良いタイミングだと考えている」とし、「HCLは顧客のために革新と成長を推進する上で良い状況にあると当社は考えている」と述べた。

 IBMとHCLは、対象となる製品のうちの5つで、知的財産パートナーシップを継続しているという。両社は、これらの製品の実現可能な最大市場規模(TAM)は合計で500億ドル(約5兆6400億円)を超えると述べている。

 両社は2017年10月、Domino製品の開発に関して戦略的提携を締結している。

IBM
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]