JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-11 10:37

 JD.comとIntelはIoTを活用して、(自動販売機や先進的な小売店など向けの)次世代の小売アプリケーションを開発する方法を模索するため、研究ラボを設立した。

 この動きにより、両社の既存の提携関係がさらに拡大する。既存の提携では、店内での来店者の動きや購入パターンを分析するため、IntelのエッジコンピューティングおよびコンピュータビジョンアーキテクチャとJD.comの視覚アルゴリズムが使用されてきた。

 これらの分析技術は、スマートシェルフやセンサー、スマートカメラ、デジタルサイネージ、無人レジを備えたJD.comの無人のD-Mart店舗に導入されている。

 新しいラボでは、IntelのIoTアーキテクチャを利用して、次世代型の自動販売機やメディア/広告サービス、未来の店舗に利用可能なそのほかのテクノロジなど、さまざまな次世代小売アプリケーションの開発に取り組む。

 JD.comのバイスプレジデントでビッグデータプラットフォーム部門の統括者でもあるZhi Weng氏によると、この研究施設は両社の専門知識を活用して、オンラインショッピング体験をオフラインの小売環境にもたらし、消費者がどこで買い物をするかに関係なく、よりパーソナライズされた体験を提供するという。

 Intelは9月、「Joint Edge Computing Platform」の立ち上げやApsara Stack Industry Allianceの設立など、さまざまなイニシアチブで、JD.comのライバルのAlibaba Groupと提携することも発表した。

 プレスリリースによると、このJoint Edge Computing Platformは、Intelのソフトウェア、ハードウェア、人工知能(AI)テクノロジとAlibaba CloudのoT製品を組み合わせたオープンアーキテクチャーのプラットフォームで、エッジのデータをビジネス上のインサイトへと昇華させるためにコンピュータビジョンとAIを活用しているという。一方のApsara Stack Industry Allianceでは、Alibaba CloudのApsara Stack向けのハイブリッドクラウドソリューションのエコシステム構築を目指している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]