編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

南紀白浜、空港と周辺施設でIoT活用--顔認証や非現金決済を技術検証

NO BUDGET

2018-12-18 10:50

 南紀白浜エアポートは12月13日、空港および周辺施設において、IoT(モノのインターネット)技術を活用したサービス実証を開始すると発表した。実施期間は2019年1月14日から8月末までの予定。NECやベリトランスが技術協力する。

 南紀白浜空港とその周辺にある宿泊施設や商業施設が対象。空港の案内やホテルの出迎え、客室の解錠、商業施設の非現金決済などで技術検証を実施する。空港で顔情報とクレジットカードなどの情報を登録し、共通IDとして利用できる環境を提供する。顔認証システムには、顔検出処理をエッジ側で高速化する「NEC AI Accelerator」を活用する。

白浜地区におけるサービス実証の概要(出典:NEC)
白浜地区におけるサービス実証の概要(出典:NEC)

 具体的には、スマートフォンのブラウザまたは南紀白浜空港に用意されたQRコードから、顔情報とクレジットカード情報などを登録する。登録完了後は、ホテルや商業施設、オフィスなどに設置されたカメラから顔情報を検出し、登録された個人を特定することで、出迎え業務や客室の解錠、商業施設での購買・飲食店の決済などを自動化する。

 また、性別・年齢といった属性情報の推定、移動経路の分析も実験し、今後の販売戦略に役立てる。各施設での効果的な施策展開や電子看板広告に利用する。さらに、空港内の保安区域への逆流防止分析も実施し、安全・保安対策の高度化を通じた空港運営の生産性向上の効果を検証する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]