編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Dharmaのコードを大体カット&ペースト」したPhobosランサムウェア--被害を拡大

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-01-22 10:28

 一連のランサムウェア攻撃の背後にいるサイバー犯罪グループが、新種のマルウェアを配布している。ファイルを暗号化して身代金を要求するこのマルウェアは、すでに成功している2つの有名な亜種を組み合わせて、世界中の企業に攻撃を仕掛けているという。

 「Phobos」と名付けれたこのランサムウェアは、2018年12月に登場した。CoveWareの研究者らは、「Dharma」ランサムウェアとの類似点を詳細に説明している。

 PhobosもDharma同様、オープンなRDPポートやセキュリティが確保されていないRDPポートを介して、ネットワークに侵入する。ファイルを暗号化し、拡張子を「.phobos」に変更してロックし、復号のための身代金としてビットコインを要求する。

 身代金要求のメッセージは、Phobosのロゴが追加されている以外は、文面もフォントもDharmaと全く同じもという。

提供:Coveware
提供:Image: Coveware

 またPhobosとDharmaはコードもほぼ同じで、研究者らは「Dharmaのコードを大体カット&ペーストした亜種」だと説明している。

 一方でPhobosは、Dharmaと関連性がある「CrySiS」ランサムウェアの要素も含んでおり、よく利用されているウイルス対策ソフトがPhobosをCrySiSとして検出している。ファイルマーカーによってDharmaと区別されるものの、攻撃手法や凶悪さは同じだ。

 研究者らはブログ記事で、「ランサムウェアの種類は違うかもしれないが、Phobosの配布グループ、攻撃手法、身代金要求メッセージ、やり取りの内容は、Dharmaとほぼ同じであることは明白だ」と述べている。

 Phobosが、Dharmaの犯罪グループによって配布されているのは、Dharmaが解読されたり、身代金を得るのに失敗したりした際に、攻撃を行う第2の選択肢としての保険的な意味合いがあるのだろう。

 現在Dharmaは、2018年の最も危険なマルウェアの1つに挙げられている。

 しかし組織は、RDPポートのセキュリティを確保する、定期的にデータをバックアップするなどの対策を講じれば、サイバー犯罪者の要求に屈することなくシステムを復元できるため、最悪の事態に備えることができる。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]