編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NEC、高速走行中の列車への高精細映像伝送に5G基地局を提供

NO BUDGET

2019-02-14 06:00

 NECは2月5日、5Gを活用した高速走行中の列車への高精細映像伝送実験に5G基地局を提供したと発表した。

 この実験は、東武鉄道、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモが2018年12月17~21日に実施したもので、埼玉県春日部市の東武スカイツリーラインの列車を用いて行われた。線路沿いに設置した4.5GHz/28GHz帯対応の5G基地局から、4K/8Kの高精細映像を時速約90キロで走行する列車内の5G移動局に伝送し、リアルタイムに大型ディスプレイに表示するというもので、列車内の無線LANを通して乗客が持つことを想定した40台のスマートフォン端末への映像配信も行われた。

提供:線路沿いに設置した5G基地局(左)と通過中の列車に映像伝送
提供:線路沿いに設置した5G基地局(左)と通過中の列車に映像伝送

 実験の結果、列車やバスなどによる高速移動中でも、5Gを活用した高臨場・高精細映像コンテンツの伝送が可能であり、場所やシーンを問わずさまざまなメディアの大容量コンテンツ配信サービスを実現できることを確認している。

 NECが今回提供した5G基地局は、5G移動局の位置・方向に電力を集中させたビーム(指向性)を形成するMassive MIMOアンテナを搭載している。移動局の動きに合わせてビームを追従させることで、常に移動局に最適なビームを形成するため、本実験のように高速で移動する列車などの中にある移動局に対しても高データレート(伝送速度)かつ高品質な無線データ通信が可能になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]