編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

関西電力、機械学習プラットフォーム導入でデータ分析を効率化

NO BUDGET

2019-02-19 09:37

 関西電力は、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入した。この導入を手掛けた新日鉄住金ソリューションズが発表した。

 DataRobotは、機械学習におけるモデル作成とモデルの実環境への配備を自動化するソリューションで、計算機科学に関する高度なスキルを持たない人でも、ニーズに合った高精度なモデルが簡単に利用できる。自動作成したモデルをワンクリックで配備し、シームレスに運用できるプラットフォームであるため、機械学習を活用するまでのリードタイムを大幅に短縮できる。

DataRobotを活用した取り組み概要
DataRobotを活用した取り組み概要

 関西電力ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの1つとして、これまで試行錯誤を繰り返してきたさまざまな予測モデルのモデリング作業を大幅に効率化するため、今回の導入に至った。DataRobotを活用し、簡単な操作で1000以上の予測モデルの中から最適なモデルを自動的に作成できるようにする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]