編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Dell EMCとNVIDIA、AI配備など容易にするターンキーソリューション

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-14 12:48

 Dell EMCとNVIDIAは米国時間3月13日、「Dell EMC Isilon」と「NVIDIA DGX-1」によるリファレンスアーキテクチャを、AI向けのターンキーソリューションとして商用利用を可能にしたと発表した。このソリューションは、データセンターにおける大規模なAIワークロードに関して、設計から配備、サポートまでの課題に対応するものとなる。この新ソリューションは、両社が共同で実現したリファレンスアーキテクチャによって、AIの配備をより容易に、加速できるようになっており、コンバージドソリューションとして提供される。

 このリファレンスアーキテクチャは、「Dell EMC Isilon F800」オールフラッシュストレージと「NVIDIA DGX-1」を組み合わせたものとなっている。

 AIはエンタープライズ企業にとって重要なワークロードとなりつつあり、大手ストレージ企業はMLやAIのワークロードを念頭に置いたビルディングブロックを展開している。Dell EMCとNVIDIAのこのシステムはまず米国などで、Dell EMCのパートナーであるComputacenterや、Insight、Presidio、Sirius Computer Solution、World Wide Technology(WWT)より提供される。

 他のストレージベンダーも、NetAppからPure Storage、さらにはIBMやHewlett Packard Enterprise(HPE)に至るまですべて、AIワークロードにとともに、「TensorFlow」や「Pytorch」といったフレームワークと連携させる取り組みに焦点を当てている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]