編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

神奈川県、低出生体重児PHRの実証運用に医療連携基盤を活用

NO BUDGET

2019-03-26 13:53

 神奈川県立こども医療センターは、「早産・低体重児における電子育児応援ナビゲーションプロジェクト」の医療連携プラットフォームに、インターシステムズの「InterSystems HealthShare」を採用した。インターシステムズジャパンが発表した。2019年2月より、同プロジェクトの「早産・低出生体重児支援 PHR」(個人医療健康記録:Personal HealthRecord)で実証運用されている。

 InterSystems HealthShareは、医療機関、患者、保険機関などをつなぎ、継続したケアを推進する統合した医療記録と分析を提供する医療連携ソリューションのスイート製品群。相互運用性の主要な標準規格をサポートした医療サービス・バスで、異なるシステムやデータを統合、連携し、ビジネスプロセス、ワークフローを自動化する。

 InterSystems HealthShareを活用した「早産・低出生体重児支援 PHR」は、低出生体重で生まれた患者の医療・健康記録を一元的に記録し、患者およびその保護者が、スマートフォンなどのデジタル端末で、理解しやすい形態に変換された情報を参照することを可能にする。また今後、多くの患者データを収集分析し、複数の医療機関で共有することで、発育発達を含む合併症などのリスクを低減する研究が進むことも期待されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]