編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップルのプログラミング言語「Swift」、最新バージョンがリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-27 10:30

 Appleは米国時間3月25日、「It's show time.」イベントで「Apple TV」チャンネルと「Apple TV+」「Apple Arcade」「Apple Card」「Apple News+」といったサービスを発表して注目を集めたが、実は同日、同社の主力言語である「Swift」の最新バージョン「Swift 5」のリリースも発表している。

 SwiftはAppleが開発し、オープンソース化している汎用プログラミング言語だ。この言語はCベースの言語(CやC++、Objective-C)を置き換えるものとなっている。Swiftを用いることで「iOS」や「macOS」「watchOS」「tvOS」「Linux」「z/OS」プラットフォーム向けのプログラムを開発できる。またAppleの「Cocoa」フレームワーク「Cocoa Touch」フレームワークのほか、既存のObjective-Cコードの多くとも連携する。

 最新バージョンであるSwift 5は、旧バージョンの「Swift 4.x」系列とソースレベルでの互換性を有している。macOS向けの統合開発環境(IDE)「Xcode 10.2」には、ソースコードの移行を支援するツールが含まれている。macOSにおけるツール環境はさておき、「Ubuntu Linux」上でもSwiftを用いた開発が可能になっている。

 Swift 5における最も重要なアップデートは、そのアプリケーションバイナリインターフェース(ABI)が標準化され、macOSやiOS、watchOS、tvOSをまたがる確固とした基盤になった点だ。あるバージョンのSwiftコンパイラでビルドされたアプリは、それ以降のバージョンでビルドされたライブラリとも連携できるということだ。従ってアプリケーションは、Swiftの標準ライブラリとともに、その差を吸収するための「オーバーレイライブラリ」を埋め込まなくても済むようになる。つまりアプリケーションは、OSの提供するSwiftランタイムと標準ライブラリを使用するようになるわけだ。このことは、ダウンロードファイルが小さくなるということも意味している。

 Swift 5の標準ライブラリでは、以下のような機能向上も図られている。

  • UTF-8エンコーディングによるString(文字列)の再実装により、実行速度の向上が期待できる。
  • 文字列リテラル内におけるraw(そのままの)テキストのサポートが強化された。
  • Result型と、SIMD(Single Instruction, Multiple Data)ベクタ型が追加された。
  • 文字列補間機能の拡張により、データからテキストを生成する際の柔軟性が向上した。
  • DictionaryとSetの性能が強化された。

 この最新バージョンでは、Swiftをよりセキュアにするために、「Exclusive Access to Memory」(メモリに対する排他的アクセス)に対する実行時のチェックがデフォルトで有効化されている。その結果、「変更可能な状態と、距離の離れた操作が関連する、プログラム上の危険なやり取りを除去」できるようになる。

 詳細については、Swift.orgの「Migrating to Swift 5」(Swift 5への移行マニュアル)と、「About Swift」(Swiftについて)からアクセスできるアップデートされた言語マニュアルを参照してほしい。なお、ライターでありプログラマーである、そしてHacking with Swiftというサイトの責任者であるPaul Hudson氏は、Swift 5で追加された新機能を試してみるための「Xcode Playground」をGitHub上で公開している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]