編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、「Android」のセキュリティ年次報告書を公開

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-04-02 10:48

 Googleが、年次セキュリティレポート「Android Security & Privacy 2018 Year In Review」(Androidのセキュリティおよびプライバシーレビュー--2018年版)を公開している。同レポートによると、「Google Play」ストアからインストールされたマルウェアが前年比100%増となっているものの、その主な原因は、「害を及ぼすおそれのあるアプリ」(PHA)の定義に今回初めてクリック詐欺アプリを含めたためだという。

提供:Google's Android Security & Privacy 2018 Year In Review
提供:Google's Android Security & Privacy 2018 Year In Review

 同レポートでは、2018年におけるマルウェアのトレンドが、その数値とともに解説されている。それによると、Google Playストアでは新たなアドウェアやマルウェアが依然として報告され続けている。しかし同社は、PHAがインストールされているデバイスの割合は実際には低く、Google Playストアのみからアプリをインストールしているユーザーははるかに安全だと強調している。

 PHAにクリック詐欺アプリ(別名アドウェア)を含めるようになった結果、Google PlayストアからインストールされたPHAの割合は、2017年の0.02%から2018年に0.04%に上昇した。Googleはこれまで、クリック詐欺アプリをGoogle Playストアのポリシーに違反したアプリとして扱っていた。同社は、クリック詐欺アプリを今回の統計から除外した場合、Google PlayストアからインストールされたPHAの割合は前年比31%減となっていたはずだとしている。

 クリック詐欺アプリは、Google PlayストアからインストールされたPHAの約55%を占めており、他を大きく上回っている。その後にトロイの木馬が16%で続いている。

 Googleによると、クリック詐欺アプリは主に米国やブラジル、メキシコのユーザーを標的にしていたという。

 Google Playストア以外では、PHAをインストールしようとする試みは、前年より20%低下したという。2018年に、「Android」に搭載されている「Google Play Protect」は、PHAをインストールしようとする試み16憶件を防いだ。Google Play Protectは、PHAのインストールの73%(前年より2ポイント増)を阻止した。

 またGoogle Playストア以外では、PHAの構成比も異なっており、バックドアが最も多くを占めている。Googleによると、Google Playストア以外からインストールされたマルウェアの28%はバックドアであり、25%はトロイの木馬、22%はマルウェアのダウンローダ、13%がクリック詐欺だった。バックドアアプリは主に、ロシアやブラジル、メキシコ、ベトナムのAndroidユーザーを標的にしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]