編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

AIでセキュリティが向上すると考える日本企業は82%--ウェブルート調査

NO BUDGET

2019-04-11 13:46

 ウェブルートは、セキュリティ上の人工知能(AI)や機械学習についての調査結果を発表した。これによると、日本企業の75%がAIや機械学習を活用したセキュリティツールの導入を増やすことを検討していることが明らかになった。

キャプション

 同調査は、日米(各国200人)の企業の情報システム部門幹部を対象にしたもので、2018年11月26日~12月5日の期間にインターネット調査で実施された。

 その他の結果では、日本企業の82%は、AIや機械学習のサイバーセキュリティによって組織の安全性が向上すると考えており、米国より10%以上高いことも分かった。また、実際にセキュリティツールの導入を検討する際、日本企業の60%はその製品がAIや機械学習を活用しているかを重視していると回答しているが、米国企業は70%が重要と回答している。

 しかし一方で、日米いずれもAIや機械学習に関して高く期待しているが、半数以上の企業は利用中のサービスやツールがどのような意味・意義を持つのか分からないと回答している。日本企業では、70%の企業がAIや機械学習の導入に抵抗を感じており、重要性を認識しつつも導入できていない実態が浮き彫りになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]