編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キヤノンITSと日立、「Web Performer」と「Justware」の連携サービスを提供

大場みのり (編集部)

2019-05-08 15:41

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、日立製作所(日立)と大規模・基幹系システム構築分野で連携し、キヤノンITSのローコード開発プラットフォーム「Web Performer」と日立のアプリケーションフレームワーク「Justware」を連携させたサービスを7月1日から提供する。キヤノンITSが5月8日に発表した。

 連携の背景としてキヤノンITSは、近年アプリケーションの開発において、リリースサイクルの短縮化や維持保守コストの低減といったニーズが高まっており、その解決策としてノンプログラミングでアプリケーションプログラムを生成するローコード開発が注目されていると説明する。日立のJustwareは、金融、公共、産業分野などの大規模システムやJavaベースのオープンシステムを構築するアプリケーションフレームワーク。これらのシステムにおいて、開発期間短縮やコスト低減を望む顧客企業がみられたことから、連携に至ったという。

 Web PerformerとJustwareの連携サービスにより、顧客企業はWeb Performerでクライアントサイドを高速に開発し、頑丈さと安定が必要とされるサーバーサイドはJustwareで構築するといった使い分けが可能になる。また、Justwareにあるウェブアプリケーションのテスト自動化ツールは、JustwareとWeb Performerを連携させたアプリケーション全体の品質と開発効率を向上させるとのことだ。

 両社の役割に関しては、キヤノンITSがWeb Performerのライセンス供給と保守サービス・トレーニングサービスの提供を担当する。日立はこれまで、Justwareに関するコンサルティングやテクニカルサービスを提供してきた。加えてキヤノンITSのセールス&SIパートナーである日立ソリューションズは、Web Performerの販売とテクニカルサービスを提供している。Web PerformerとJustwareの連携サービスは、製品とともに日立グループのコンサルティングとテクニカルサービスを顧客企業に提供し、エンタープライズアプリケーション開発の効率化を支援するとキヤノンITSはコメントしている。

連携サービスイメージ(出典:キヤノンITS)
連携サービスイメージ(出典:キヤノンITS)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]