編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

MKI、テレワークに必要なウェブ会議などをセットで提供--ヘルプデスクも用意

藤代格 (編集部)

2019-05-22 07:00

 三井情報(MKI、港区)は5月20日、安全にテレワークできる環境をプラットフォームとして提供するサービス「MEDACA」シリーズを発表した。第1弾として、業種、社内外問わずに一人ひとりにあわせた会議環境を提供する「会議コミュニケーション」サービスを同日から販売する。

 MEDACAシリーズは、シスコシステムズの「WebEx」、「Zoom」といったウェブ会議サービス、クラウドストレージ「Box」、音声データを書き起こす議事録支援サービス「ProVoXT」などを組み合わせて提供する。

 サービスのほか、要望に応じて機器や端末までを組み合わせ可能で、個別に調達する工数を削減可能。個人用電話として利用できる端末を選択すれば、内線電話設備も削減できるという。問い合わせに対応する「MEDACAヘルプデスク」では、パートナーやユーザーの情報システム部門に代わって直接ユーザーに対応するという。

 トライアル可能な小規模向けプランとして「スターターパック」を用意。ProVoXT10時間分、Box、会議システムそれぞれ5アカウントずつをセットにして提供する。

 会議システムはいずれかの選択が必要。Zoomの場合は「プロ」プラン、WebExの場合は「WebEx Teams(旧Cisco Spark)」上で分析、管理可能になるオプション「Pro Pack Cisco Webex Control Hub」を含んだ「Meetings + Pro pack」を選択できる。税別月額利用料はZoomの場合は4万7100円から、WebExの場合は5万9600円から。いずれも端末代金と初期費用10万円が別途必要。

会議コミュニケーションサービス概要(出典:MKI)
会議コミュニケーションサービス概要(出典:MKI)

 第2弾としては、テレワークでのセキュリティを担保する「MEDACA エンドポイント・セキュリティ・プラットフォーム」サービスを予定。会議参加者へ書き起こした音声データを自動的に展開するサービスなど、ラインアップは随時拡充するという。働き方改革を実感できるシステムの提供を目指すとしている。

MEDACAシリーズ概要)(出典:MKI
MEDACAシリーズ概要(出典:MKI)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]