編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AWS、自動走行車「DeepRacer」を国内初披露--DNPがAI人材育成に活用中

大場みのり (編集部)

2019-05-27 10:44

 アマゾン ウェブ サービス(AWS)ジャパンは5月23日、18分の1スケールの自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer (DeepRacer)」を国内初披露した。併せて、同サービスを活用している大日本印刷(DNP)が自社の取り組みについて説明した。

 DeepRacerの自動走行を可能にしているのは、機械学習の一つである「強化学習」。機械が理想的な行動を取った際、高い報酬関数を与えることにより学習させる方法だ。例えば、車の位置がセンターラインから10%の範囲内であれば1.0ポイント、25%の場合は0.5ポイントを与える。センターラインとの位置関係は、付属のカメラで撮影された画像で分かるという。

AWSの瀧澤氏
AWSの瀧澤氏

 「AWSは、20年間にわたり機械学習に投資してきた。そして今回、強化学習を全ての開発者に届けたいと思い、このサービスを開発した」とAWSジャパンの技術統括本部レディネス&テックソリューション本部本部長/プリンシパルソリューションアーキテクトを務める瀧澤与一氏は説明した。

 AWSは、自動運転のレースリーグ「AWS DeepRacer リーグ」も展開している。コンピューター空間の中にある「バーチャルサーキット」と実機が走る「Summit サーキット」の2つがあり、同社はバーチャルで練習を積んだ上で、実世界のサーキットに挑戦することを推奨している。

 瀧澤氏は「実世界ならではのノイズがあるため、最初のうちはバーチャルサーキットのように走らないかもしれない。だが、バーチャルで練習を積み、両世界のギャップを埋めながら練習することによって、上達するはずだ」と話していた。

 学習コンテンツは無料で、6つの自己学習パート(各90分間)で構成されている。AWSアカウントを持っていれば、AWSマネージメントコンソールからDeepRacerを選び、開発を始められる。国内での実機発売日は未定だが、6月12~14日に幕張メッセで開催される「AWS Summit Tokyo 2019」で走行を予定している。価格に関しては、米国Amazon.comで予約した場合、399ドルだという。

DNPの福田氏
DNPの福田氏

 続いて、DNP情報イノベーション事業部C&Iセンター副センター長の福田祐一郎氏が登壇した。DNPは、DeepRacerをAI人材の育成に活用している。福田氏は「AIは、コミュニケーションやヘルスケアなど、われわれの成長領域に必要不可欠な存在。そのため今後、より多くの技術者を育てる必要がある。そこで、楽しみながら強化学習を学べるDeepRacerの活用に踏み切った」と語った。

 同社では週2回、業務時間内にDeepRacerの勉強会を開催し、各社員が培ったノウハウを共有している。2019年3月からは、月1回のペースで社内レースも実施。グループ会社を含めた73人が参加している。この取り組みでは、強化学習のノウハウを底上げするとともに、エンジニアに必要とされるオーナーシップやフィードバック精神を向上させることを目指しているという。

 実機が発売され次第、購入してSummit サーキットにも参加する予定だ。現在は、社員がレースのコースを体感するため紙でコースを作成したり、レース自体を盛り上げようと距離のセンサーや電光掲示板を作ったりしている。加えて、福田氏は「実際のコースも同社のスペースデザイン部門に依頼し、本日(5月23日)の午前中に完成した。実機が発売されたら、これを使って社内でレースを開催したい」と述べた。

 同社は、バーチャルサーキットには参加済み。4月にシンガポールで実施された大会に2人が参加し、12位と17位という成績を収めた。この結果に満足することなく、優勝に向けて今後も練習を積んでいくという。福田氏は「現在、グループ全体でIT人材が2000人、AIの知識を持っている社員が200人弱いる。どちらも5年以内に倍の人数にしたい」と語った。

DeepRacerの実機。なめらかなフォルムが印象的

DeepRacerの実機。なめらかなフォルムが印象的

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]