編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ユニティ、BIMデータのコラボレーションツールを開発

NO BUDGET

2019-06-13 06:00

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、建築・製造・建設業向け新製品「Unity Reflect」を開発したと発表した。2019年秋にローンチする予定だ。

 「Unity Reflect」は、建築、エンジニアリングおよび建設(AEC)の専門家がBIMデータの有効活用を可能にするツール。オリジナルの設計アプリケーションの内容を動的に反映できるインタラクティブな3D体験を作り上げる。変更の反映は、BIMデータとAutodeskのCADソフト「Revit」のデータをUnityへエクスポートするプラグインを利用し、ワンクリックでリアルタイムのデータ可視化とコラボレーションを可能にする。

コラボレーションのイメージ
コラボレーションのイメージ

 Revitで行われたデザイン変更は、モバイルからデスクトップへ、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)へとあらゆるデバイス間でリアルタイムに自動的に同期されるため、プロジェクトにかかわる全ての人があらゆるものをコンテキストを伴って見ることができ、すばやい変更が可能になる。現在、Revitの標準サポートに加えて、他のアプリケーションがReflectフレームワークに出力して同期できるようにする一連のAPIを開発しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]