編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

トレンドマイクロ、コンテナー向けに強化したサーバーセキュリティー製品を発売

NO BUDGET

2019-06-17 06:00

 トレンドマイクロは、総合サーバーセキュリティー対策製品の最新版「Trend Micro Deep Security(Deep Security) 12.0」を6月19日から提供すると発表した。同製品はコンテナー向けのセキュリティー機能を強化している。

 コンテナーは、OS上に他のプロセスとは隔離されたアプリケーション実行環境を構築する技術で、アプリケーション開発を効率化できる。しかし一方で、コンテナーを利用する際に設定不備があると、外部からコンテナーの一覧の取得、ログの取得、コンテナの起動、停止、新たなコンテナーの作成など、さまざまなコマンドを実行されるリスクがある。

コンテナ間の脆弱性を悪用する不正な通信とDeep Security 12.0で提供する機能のイメージ
コンテナ間の脆弱性を悪用する不正な通信とDeep Security 12.0で提供する機能のイメージ

 同社では、コンテナーの設定不備を利用し、仮想通貨を不正に発掘させるサイバー攻撃も確認しており、同一のホストOS上で複数のコンテナーを動作させる際、1つのコンテナーへ侵入されると、他のコンテナーやホストOSにも脅威が拡散するリスクがあるとしている。

 これまでDeep Securityは、コンテナー向けのセキュリティー対策として、コンテナー内に不正プログラムが存在する場合に検知する「不正プログラム対策」や、コンテナーに対して脆弱性を悪用する不正な通信があった場合、通信を検知してブロックする「IPS/IDS(侵入の検知/防御)」を提供していた。最新版では、同一ホストOS上のコンテナー間で脆弱性を悪用する不正な通信があった場合もIPS/IDSにより通信を検知してブロックし、コンテナーからホストOSへ不正な通信があった場合も検知する。

 最新版の参考標準価格(税別、1サーバー当たり)は年額21万3000円としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]