Dropboxに新機能--SlackやZoomと連携可能に

大場みのり (編集部)

2019-06-21 18:04

 米DropboxのCTO(最高技術責任者)を務めるクエンティン・クラーク氏が6月20日に来日し、オンラインストレージサービス「Dropbox」に搭載された新機能について説明した。6月12日から先行アクセスプログラムのユーザーに向けてベータ版の提供を始めている。フィードバックを踏まえて改良した上で、全てのユーザーを対象に正式版を今後数週間で段階的にリリースするとしている。

Dropboxのクラーク氏
Dropboxのクラーク氏

 今回のアップデートでは、ブラウザを使ってDropbox上のドキュメントファイルを作成、共有できるようになったほか、「Slack」やビデオ会議ソフト「Zoom」のアプリを起動させずにDropbox上で各機能を使用できるようになった。これらのアプリを使用している最中に、Dropboxのファイルを共有することも可能だ。加えて、「Trello ボード」などの生産性向上ツールや、ウィキペディア、ニュース記事へのリンクといったウェブショートカットを作成して、従来のコンテンツと一緒にDropboxに保存できるとしている。

Slackとの連動イメージ(出典:Dropbox)
Slackとの連動イメージ(出典:Dropbox)

 さらに、IT担当者向けの管理機能も提供される。クラーク氏は「現在の職場は、例えば10年前と比べてプロジェクトや関わる人々が増え、複雑化している。その結果、IT担当者は大きなリスクやコストを抱えている。この課題を受けてわれわれは、マルチチームの管理機能や、端末紛失時の遠隔削除、ファイルのダウンロードを無効にして閲覧のみにする機能などを搭載した」と語っていた。

 新機能と併せてDropboxが2019年5月に実施した調査結果も発表。約2000人に業務の内訳を聞いたところ、本業を行っている時間は約65%で、約35%が本業以外に割かれていると判明した。回答者の1日の勤務時間は平均約8.9時間で、1日当たり平均約3時間強を本業以外に割いているといえる。

 Dropbox Japan代表取締役社長の五十嵐光喜氏は、「具体的に何の作業に時間を費やしているのか調べたところ、『ファイルやメールを探すこと』(約21分)や『関係者への報告の会議』(約17分)などのほか、『ファイルを閲覧するための複数のソフトウェアをまたいだ作業』(約12分)があった。これを受けてわれわれは、本業ではない業務の削減に向けた今回の機能アップデートに至った」と述べた。

Dropbox Japanの五十嵐氏
Dropbox Japanの五十嵐氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]