編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト、Windows Storeで「Windows Terminal」プレビューを公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-24 11:30

 Microsoftが5月の「Build 2019」で発表した「Windows Terminal」は、コマンドプロンプト、PowerShell、Windows Subsystem for Linuxを使う開発者向けのターミナルアプリケーションだ。米国時間6月21日、プレビュー版のWindows TerminalがMicrosoft Storeに登場した。はじめは取得コードがないと入手できない状態だったが、Microsoftは同日中にWindows Terminalアプリのプレビュー版として、「Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)」以降のユーザーが無料で入手できるようにした。

 Windows StoreではWindows Terminalのプレビューを、「早期プレビュービルド(EARLY PREVIEW BUILD)」と説明している。「安定性に関する問題がたくさんあり、補助技術のサポートがない」という(Windows Storeに掲示された情報はTwitterハンドルネーム”Stanzilla”@stanzillazのツイートで知った)。

 オープンソースのWindows Terminalアプリには、複数のタブ、UnicodeとUTF-8のサポート、GPUベースのテキストレンダリングエンジン、カスタムテーマ/スタイル/設定などをサポートするとMicrosoftは説明している。

 Windows Terminalのコードは、GitHubで公開されている。Microsoftによると、公式のプレビュービルドは「6月中旬」に公開されるとのことだ。

 Microsoftは、Windows Terminalに加え、WindowsコマンドラインアプリWindows Console Host(conhost.exe)のソースコードをGitHub上で公開している。Windows Terminal公開後のConsole Hostのメインミッションは、既存のコンソールサブシステムアプリとの後方互換性の維持にある。Windows TerminalはWindows Consoleと共にインストールして動かすことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]