編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

展示会「HR EXPO」で見つけたサービス5選--人事データ可視化した後が重要 - (page 3)

藤代格 (編集部)

2019-07-10 07:00

5.「サイレコ」--集約した人事データを経営判断に活用

 経営理念や人事制度、採用などのコンサルティングや研修業務といった人材関連事業を中心とするアクティブ アンド カンパニー(千代田区)は、人材管理SaaS「サイレコ」を紹介。システム活用で蓄積するデータの可視化だけでなくその先を見据えた“人事を戦略に変える”をコンセプトにしたサービスと説明する。

 ワークフローを活用した申請、承認、給与明細などの帳票作成、表示など、入力や情報共有といった人事関連の定型作業を自動化。人事関連の情報は組織やグループ会社にまたがって蓄積、可視化できるという。組織改変のシミュレーション、結果に沿った人事関連の評価指標(KPI)算出などもできる、タレントマネジメントシステムの側面も持つという。

 2019年5月には情報の総蓄積数が100万件を突破。コンサルティング本部 ブランドマネジメントチームでコンサルタントを務める村上由華氏は「会社の本業はコンサルタント。人事にどんなニーズがあり、どんな仕組みが欲しいかというポイントを抑えたシステムになっている。実際の使いやすさには自信がある」と特長を説明する。

 「データを溜めて可視化するだけでなく、そこから何をするかという目的が重要。多く存在する評価システムの中で、いかにデータを経営判断などに活用できる資源とできるかが焦点」(村上氏)と語るように、蓄積した情報の状況把握や課題発見などの自動化を促進するテンプレート「HRコックピット」を用意。サイレコに蓄積したデータと様々なサービス、システムを連携させて提供するパッケージで、ヒューマンテクノロジーズ(港区)の勤怠管理サービス「キングオブタイム」、ウイングアーク1st(渋谷区)のビジネスインテリジェンス(BI)ツール「MotionBoard」、弁護士ドットコム(港区)の契約書電子化SaaS「クラウドサイン」、日本アウトソーシングセンター(大阪市北区)の給与計算代行サービスや、RPAテクノロジーズ(港区)のRPA事業、ダイヤモンド(渋谷区)の適性検査事業などで構成するという。

HRコックピット概要
HRコックピット概要

 コンサルティング本部 コンサルティングソリューション事業部 技術開発チームでマネジャーを務める村津良平氏は「HRコックピットを見れば人事や組織の状態、課題が何でもわかる」と説明。コンサルティングに頼らずに把握から分析までができるという。

 サイレコの税別月額利用料金は、100人までの場合1万9000円。初期導入費用として20万円が必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]