編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

IIJ、ウェブアクセスの経路を自動で制御--Office 365などのSaaSに対応

NO BUDGET

2019-07-08 17:33

 IIJは7月3日、Office 365をはじめとするSaaSへの通信経路を自動で制御するサービスの提供を開始すると発表した。クラウド型のSD-WANサービス「IIJ Omnibus」にプロクシサーバーを実装し、ユーザーのポリシーに沿って運用される。ファイアウォールやプロクシ、ウェブフィルタリングといったインターネットゲートウェイの負荷を軽減する。

サービスイメージ
サービスイメージ(出典:IIJ)

 通信経路の振り分けルールを設定するウェブ管理画面、特定サービス用の設定がテンプレートで提供される。

 Office 365は、サーバー構成の変更が頻繁にあり、接続先のアドレス情報(FQDN)が更新されるたびに設定を変更する必要がある。今回のサービスでは、Office 365のアドレス情報を自動的に取得し、IIJ独自の宛先リストテンプレートとして提供される。複数の振り分けルールを設定・編集することも可能で、それぞれのルールに優先順位を付けすることで、細やかなコントロールが可能。

 利用料金は初期費用が12万円から、月額費用が16万3000円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]