編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「No More Ransom」が3周年--少なくとも計約120億円の被害を阻止

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-29 12:29

 「No More Ransom」プロジェクトが現地時間7月26日、3周年を迎えた。欧州刑事警察機構(ユーロポール)が発表したところによると、ユーザーがNo More Ransomポータルを通して提供されている無料ツールをダウンロードして、暗号化されたファイルを復号したことにより、ランサムウェア犯罪グループが少なくとも推計1億800万ドル(約120億円)の利益を上げることを阻止したという。

No More Ransom

 No More Ransomのウェブサイトで無料で提供されている「GandCrab」ランサムウェア向け復号ツールだけでも、5000万ドル(約54億円)近くの身代金支払いを防ぐことに成功したとユーロポールは述べた。

 2016年7月に開始されたこのプロジェクトでは、現在、109種類のランサムウェアの復号に使用できる82種類のツールをホストしている。

No More Ransom
提供:Europol

 これらツールの多くは、EmsisoftやAvast、Bitdefenderなどのウイルス対策ソフトメーカーや、国家警察機関、CERT、「Bleeping Computer」のようなオンラインコミュニティーによって開発され、共有されている。

 その中でもウイルス対策メーカーEmsisoftは、32種類のランサムウェアの変種向けに32種類の復号ツールをリリースしている。

 Emsisoftの研究者であるMichael Gillespie氏は米ZDNetに対して、「『MegaLocker』向けの復号ツールをリリースしたことを非常に誇りに思っている。そのツールは、何千人もの被害者を救っただけでなく、同マルウェアの作者を本当に怒らせたからだ」と述べた。

 「われわれは現在、膨大な数の被害者を出しているとされる変種についても、いくつかの復号ツールを開発中だ。そのうちの1つでは、これまでなかった方法で復号を実行する」(Gillespie氏)

 No More Ransomの開始以降、計300万人以上がサイトを訪れ、20万人以上の被害者を助けたとユーロポールは述べた。

 世界188カ国のユーザーがサイトを訪れており、欧州で始まったこのプロジェクトが、現在では世界中に浸透していることがわかる。

 ユーロポールが公開したデータによると、サイトへの訪問者が多い国は、韓国や米国、オランダ、ロシア、ブラジルだという。

Europol
提供:Europol

 No More Ransomは、ユーロポール、オランダ国家警察、McAfee(発足時はIntel Security)、Kaspersky Labが立ち上げたが、現在は世界中に150を超えるパートナーを擁する。

Europol
提供:Europol

 しかし、Emsisoftの担当者は米ZDNetに対し、ユーロポールが26日に明らかにした1億800万ドル(約120億円)という試算は、「実際には著しく過小評価」されていると話した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]