佐川急便、配送伝票をAI技術で読み取り--月約8400時間を削減

ZDNET Japan Staff

2019-08-05 16:10

 佐川急便は、7月から人工知能(AI)技術によって配送伝票の入力業務を自動化させている。配送伝票情報の読み取りから既存システムへのデータ連携までをAIで代替し、月換算で約8400時間相当の作業を取り除いた。

 IT子会社のSGシステムとフューチャーアーキテクトが2018年12月にシステムの開発を始め、2019年7月に本稼働を開始した。深層学習を活用した文字認識などのAI技術をベースとし、手書き数字の認識精度は99.995%以上に達するという。「〇」で囲まれた数字や取消線で修正された数字も読み取る。複写式伝票の記入時や運搬過程で文字の擦れや傷が生じても問題ないという。

手書き数字も問題なく読み取れる(出典:フューチャーアーキテクト)
手書き数字も問題なく読み取れる(出典:フューチャーアーキテクト)

 繁忙期には1日に100万枚の配送伝票の情報を人手によってシステムに入力していたが、新システムの稼働で高い品質を安定して維持しながら、作業の負荷とコストを低減することが可能となった。

 新システムの開発で得たAI技術をSGホールディングスグループ各社に順次展開しており、今後は同グループ全体のさまざまな業務で「人とAIの協働」を推進していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]