編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

第一実業、グローバル経営管理基盤に「SAP S/4HANA」を採用

NO BUDGET

2019-08-22 10:23

 第一実業は、グローバル経営管理基盤として「SAP S/4HANA」を採用した。また、ドキュメント管理・ワークフロー管理ソフトウェア「SAP Extended Enterprise Content Management by OpenText for SAP S/4HANA」、インフラ基盤「SAP HANA Enterprise Cloud」も導入する。SAPジャパンが8月20日に発表した。

 同社は、契約業務の一元管理や全書類の電子化だけでなく、取引単位での採算性の可視化を目指し、企業としての競争力を強化していく。システムの構築およびプロジェクトマネジメントは、SAPジャパンのパートナーであるIPSが協力する。

 第一実業は、国内外における産業用機械のサプライヤーで、プラント・エネルギー、産業機械、エレクトロニクス、自動車、ファーマ、航空の6つの事業を柱としてグローバルにビジネス展開している。

 同社は、これまでビジネスを支える契約管理業務に、スクラッチ開発で構築した独自システムを30年以上にわたり運用してきた。しかし、新収益認識基準対応やビジネスのグローバル化への対応が必須になってきたことから、統合基幹業務システム(ERP)の選定を開始した。複数製品を検討した結果、SAP S/4HANAのグローバル対応や基本機能の充実度、IPSのテンプレート活用による導入手法を高く評価し、今回の採用に至った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]