編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

東京ガスiネット、顧客向けのチャットボットサービス提供基盤を構築

NO BUDGET

2019-09-06 13:58

 東京ガスiネットは、東京ガスの顧客向けに提供するチャットボットサービスの開発運用基盤に「Oracle Cloud」を採用。2019年3月に稼働を開始した。日本オラクルが9月3日に発表した。

 同基盤は、IaaS「Oracle Cloud Infrastructure」をベースに、デジタルアシスタント「Oracle Digital Assistant」、コンテナーサービス「Oracle Container Engine for Kubernetes」、運用管理サービス「Oracle Management Cloud」などを活用する。

 Oracle Digital Assistantは既存システムとの連携、マルチチャネルへ対応したチャットボットサービスを容易に開発するツールとして活用されている。また、LINE連携のチャネル開発および関連するアプリケーション開発の要件に対応する開発基盤としてOracle Container をEngine for Kubernetesを導入した。これらを活用し、引っ越しにおけるガス・電気の手続きなどのウェブ受付に誘導するチャットボットサービスの構築を開始している。

 また、Oracle Management Cloudをシステムログおよびトランザクション情報などのパフォーマンス分析に活用するなど、Oracle Cloudのサービスを包括的に利用することで、高いコストパフォーマンスを実現した。

 東京ガスiネットは、東京ガスのコールセンターや地域に密着した東京ガスライフバルを支援するシステムを構築運用してきた。昨今の提供サービスの多様化・増加に伴い、引っ越しピーク時期などの利用増加に柔軟かつ即時に対応可能なサービスの開発運用基盤の構築を模索してきた。

 今回の選定ポイントについて同社では、オラクルが提供する高いレベルの提案と技術コンサルティング力、プログラミングの必要なくチャットボットサービスを開発でき、すでに確立されたFAQをインポートして一般的な質問を自動化可能なOracle Digital Assistantについて高く評価した。

 また、構築から運用までのエンドツーエンドで容易なコンテナ・ライフサイクル管理を実現し、関連するツールや周辺サービスも提供されるOracle Container Engine for Kubernetesの優れたパフォーマンスも評価している。さらに、Oracle Management Cloudの機械学習を活用したログの異常値検出、アラート通知によるプロアクティブな検知と対応力、分かりやすいユーザーインターフェースなども採用のポイントになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]