編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドコモ、ノキア、オムロン、製造現場の5G活用で実証実験

NO BUDGET

2019-09-13 10:20

 NTTドコモ、ノキア、オムロンの3社は9月10日、工場などの製造現場における第5世代移動通信(5G)を活用した共同実証実験を実施することに合意した。

 5Gは、高速・大容量、低遅延、多接続といった特徴を持つ。3社は、工場内での5G電波測定と伝送実験、5Gを活用した人と機械の協調による生産性向上に向けた実証実験に取り組む。

 各企業の役割としては、ドコモが5G装置を活用した実証実験の実施に関わる技術的知見の提供を行う。またノキアは5G基地局を含むプラットフォームの提供、ノキアベル研究所の先端技術や知見の提供を行う。オムロンは、ファクトリーオートメーション(FA)機器および制御技術や製造業における知見、自社工場での実験環境を提供する。

 3社は、実証実験を通して目指すユースケースとして、「レイアウトフリー生産ライン」や「AI/IoTによるリアルタイムコーチング」を挙げている。

レイアウトフリー生産ラインのイメージ
レイアウトフリー生産ラインのイメージ

 「レイアウトフリー生産ライン」は需要の変動に合わせて生産ラインのレイアウト変更や立ち上げをフレキシブルかつスピーディーに行うもので、5Gの大容量、低遅延といった特徴を生かし、生産設備を無線ネットワーク化するとともに、オムロンの自動搬送ロボット(AMR: Autonomous Mobile Robots)を組み合わせることで、工程ごとに切り離したレイアウトフリーな生産ラインを構築する。

作業者の動作解析イメージ
作業者の動作解析イメージ

 「AI/IoTによるリアルタイムコーチング」では、5Gの大容量・高速性を生かして製造設備のデータや、作業者の作業動線や動きを撮影した映像データなどを収集し、AIで解析する。その上で熟練者との違いを作業者へリアルタイムにフィードバックし、生産性の向上と早期習熟をサポートやモチベーションの向上を図る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]