編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

レッドハットが語るOpenStackとOpenShiftの関係性

渡邉利和

2019-09-27 11:55

 レッドハットは9月26日、「オープンハイブリッドクラウド エッジコンピューティング戦略」に関する説明会を開催した。また同日付で、「Red Hat OpenStack Platform 15」(米国9月19日発表)および「Red Hat OpenShift Service Mesh」(米国8月22日発表)の国内提供も発表している。

Red Hat クラウドプラットフォーム製品担当バイスプレジデントのJoe Fernandes氏
Red Hat クラウドプラットフォーム製品担当バイスプレジデントのJoe Fernandes氏

 まず戦略の全体概要について米Red Hat クラウドプラットフォーム 製品担当バイスプレジデントのJoe Fernandes氏が説明した。同氏は、アプリケーションの実行場所が従来の「データセンター」から「エッジ」「パブリッククラウド」「マルチクラウド」に広がり、“ハイブリッド”化していることを指摘、同社がOpenStack PlatformとOpenShiftでこうしたトレンドに対応しているとした。

 なお、OpenShiftは「エンタープライズ向けのKubernetes」であり、オープンソースコミュニティーのコードリリース後1~3カ月をかけてエンタープライズユーザーが求める「強化(hardening)」を行い、同社でのOpenShiftとしてリリースしている。

 新たにOpenShiftで追加された「OpenShift Service Mesh」は、オープソースのIstioを核として、エンタープライズユーザーが必要とする各種周辺機能を追加し、LinuxカーネルとLinuxディストリビューションの関係と同様の位置付けになる。この他に、新たな取り組みとなる「Openshift Serverless」の開発がKnativeベースで進行中であることも紹介された。

Red Hat クラウドプラットフォーム プリンシパル・プロダクトマネージャーのMaria Bracho氏
Red Hat クラウドプラットフォーム プリンシパル・プロダクトマネージャーのMaria Bracho氏

 続いて登壇したプリンシパル・プロダクトマネージャーのMaria Bracho氏は、Red Hat OpenStack Platform 15の位置付けについて説明した。同社では、OpenStack Platformを「ロングライフ・リリース(長期サポート版)」と「ショートライフ・リリース(短期サポート版)」に分けて提供している。

 現在のロングライフ・リリースは、2018年に発表された「Red Hat OpenStack Platform 13」で、2018年11月にはショートライフ・リリースとして同14が発表されている。今回の同15は、「最後のショートライフ・リリース」と位置付けられており、1年間のサポート付きで提供される。

Red Hat OpenStack Platformのロードマップ
Red Hat OpenStack Platformのロードマップ

 Bracho氏は同15について、「Red Hat OpenStack Platform 13からの移行を意図したものではなく、次のロングライフ・リリースとなる予定のRed Hat OpenStack Platform 16の導入を検討するユーザーがテストや検証で利用することを想定している」と述べた。同15が最後のショートライフ・リリースとされていることから、同16のリリースは1年以内に行われるものと期待される。

 なお、メディアからの質問に応じたFernandes氏は、OpenStackとOpenShiftの位置付けに関して、「OpenStackは仮想マシン上で稼働するワークロードのため、OpenShiftはコンテナー化されたワークロードのために使われる」として、エッジでもクラウドでも、両者が必要に応じて併用されているとした。

 さらに両者の統合についても、現在はコンテナー化されたワークロードは仮想マシン上に構築されたコンテナープラットフォーム上で実行されているのに対し、今後は実行環境がより簡素化(Kubernetes on BareMetalやKnativeなど)されることから、両者の位置付けが現在とは違ったものになっていく可能性を認識しているとする。その一方で、直近では異なるニーズに対応する、異なる製品として併存させていく方針だとした。

Openshift Service Meshの概要
Openshift Service Meshの概要
Openshift Serverlessの概要
Openshift Serverlessの概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]