⻑崎県庁、「Teams」の権限管理で「AvePoint Cloud Governance」を導入

ZDNET Japan Staff

2024-03-12 10:15

 長崎県庁は、「Microsoft 365」の運用支援ツール「AvePoint Cloud Governance」を導入した。コミュニケーションツールとして利用している「Microsoft Teams」の権限管理などを強化している。AvePoint Japanが3月12日に発表した。

 長崎県庁では、現在4000人以上の職員が働いており、スマート県庁推進課を中⼼に⾏政DXを推進している。2016年にMicrosoft 365(当時の名称は「Office 365」)を導⼊し、2021年にTeamsの利用を開始した。これによって、職員間のコミュニケーションが活発になり、DXに関する情報発信チームが⾃律的に⽴ち上がるなどの成果が現れている。

 その⼀⽅で、無秩序に増えた「チーム」(Teamsにおける複数ユーザーでの協働機能)や使用後に放置された“野良チーム”が問題になった。また、2000以上のチームのうち、半数近くが実際には使⽤されていないという状況や、外部者が参加できる状態になっていたチームがあったこともセキュリティ⾯での課題となった。さらに、毎年約1000人の⼈事異動が⾏われるたびに、⼿動でのシステムメンテナンスが必要となり、その準備に毎回約1週間もの時間を要していたという。これらの作業は⾼度な技術を要するため、担当できる職員が限られており、作業が属⼈的になっていた。

 AvePoint Cloud Governanceについて、長崎県庁では、使いやすいユーザーインターフェースやチーム管理機能を備えている点を評価。他ソリューションと⽐較して低コストだったことも後押しになったとしている。AvePoint Cloud Governanceの導入により、⼈事異動時のチームメンバーの⾃動調整が可能になり、これまでの1週間の準備期間が不要になった。

 また、チーム作成の申請プロセスを導⼊し、無⽤なチームの増加を防ぎながら、使われていないチームは⾃動でアーカイブや削除が⾏われるようになった。これにより、⾏政のデジタル化を⽀えるチーム運⽤がより効果的で安全になったとしている。

 2023年7⽉にはAvePoint Cloud Governanceを活⽤したチーム申請/棚卸し機能が庁内にリリースされ、ログ機能を通じて監査ログの保持期間が90⽇から2年間に延⻑された。必要があれば無制限にログを保持することも可能という。これにより、組織のガバナンスが大幅に強化された。

 長崎県 総務部 スマート県庁推進課 課⻑補佐 横⼭誉治氏は、AvePoint Cloud Governanceの導入によってセキュリティの確保が容易になったため、Teamsのゲストアカウントを許可することも検討していると話す。まずは⻑崎県内の21市町向けに開放し、そこで問題がなければ事業者や他の都道府県も対象に検証していきたいとの考えを示した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]