編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デジタル変革の推進状況を自己診断をした企業に分析結果を提供--IPA

ZDNet Japan Staff

2019-10-25 13:11

 情報処理推進機構(IPA)は、経済産業省が7月に公開した「DX推進指標」を使って、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進状況を自己診断した企業からその結果を収集するウェブサイトを開設した。IPAは自己診断結果を提供した企業に対し、全体と比較したベンチマークなどの分析結果を連絡するとしている。

 DX推進指標は、企業の経営者や社内のDX関係者が自社のDX推進状況を把握して、課題の認識や行動につなげる目的で策定されたという。経済産業省の資料では、DXの推進状況を把握する35項目の定性指標が設定され、指標ごとのガイダンスが示されている。

DX推進指標の項目(出典:経済産業省) DX推進指標の項目(出典:経済産業省)
※クリックすると拡大画像が見られます

 同省では7月、企業がDX推進指標をもとに自己診断するフォーマットも公開していた。今回IPAが開設したウェブサイトは、フォーマットを使って自己診断した企業からその結果を入力してもらうもの。サイトへの入力にはIPAの会員登録が必要になる。

 IPAは今後、ウェブサイトで収集した企業の自己診断結果のデータを総合的に分析してベンチマークを作成し、企業が他社と比較できるようにするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]