編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Evernote」だから簡単にできる--社内外でのプレゼンテーション術 - (page 3)

池田園子

2019-10-30 07:30

 レイアウトエディタ用トレイを使い、ノートを複数のセクションに分割するメリットは、たとえば以下のようなものが考えられる。

  • 伝えたいメッセージを絞り込み、聞き手を惹き付ける

 画面に表示するコンテンツを限定することで、内容が散漫になるのを防いで、聞き手の興味関心を惹き付けやすくなる。

  • 操作をシンプルにし、本番での失敗を防ぐ

 今発表している部分と関係のない内容まで表示すると、話の進行に合わせて所定の位置にスクロールする必要がある。その結果、操作が煩雑になり、話に集中できなくなる可能性もある。ノートを複数のセクションに分割することで、スペースキーや矢印キーを押すだけでセクション間をスムーズに移動できる。

 ノートの分割方法は自動と手動から選べる。手動の場合は、レイアウトエディタ用トレイに表示される青色の区切り線を追加または削除、あるいは上下に移動させ、画面上に一度に表示するコンテンツの範囲を指定する方法をとる。

レイアウトエディタ用トレイに表示される青色の区切り線

 区切り線を追加または削除するには、レイアウトエディタ用トレイ右端に表示される丸い青色の「+」ボタンまたは「-」ボタンを選択する。

区切り線の追加や削除

どんなノートも一瞬でプレゼン資料に

 どんなノートでも「プレゼンする」をクリックするだけで、全画面でのプレゼンテーションモードへ切り替わり、プレゼン資料へと一瞬で早変わりする点は素晴らしい。

 自分のPCをスクリーンと接続し、ノートを大画面に投影しながら発表をするときだけでなく、PCの周りにチームメンバーを集めてノートの内容を見せながら、アットホームな場で発表をするときにも違和感がない。

 皆さんもEvernoteでのプレゼンを試してみてはいかがだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]