編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

NTTグループ、トヨタの車載AI「YUI」に技術提供

大場みのり (編集部)

2019-11-21 15:55

 NTTとNTTドコモ(ドコモ)は、トヨタ自動車(トヨタ)が実施するコンセプトカー「LQ」の試乗会「トヨタ YUIプロジェクト TOURS2020」における車載AI(人工知能)エージェント「YUI」に技術提供する。NTTが「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」技術を、ドコモが「行動先読み」技術を、それぞれ提供する。両社が11月21日に発表した。

LQ(出典:トヨタ)
LQ(出典:トヨタ)

 インテリジェントマイク・音声認識・音声合成技術は、会話を中心としたYUIとのコミュニケーションに活用される。自動車内における背景音を抑えながら、乗員の音声だけを抜き出し、深層学習を活用したDNN(Deep Neural Network)を駆使することで、高い音声認識率と人間の声に遜色ない合成音声を提供できるという。インテリジェントマイクは現在、国内外において約800万台の自動車に搭載されている。

 行動先読み技術は、NTTグループのAIブランド「corevo」の1つ。スマートフォンを通して得られた各ユーザーの生活習慣や趣味・嗜好をYUIに学習させるのに用いられる。行動先読み技術により、YUIはユーザーの行動を予測して適切な情報をタイミングよく提供するという。なお、LQの試乗拠点にはドコモが5G(第5世代移動通信システム)基地局を設置。高速かつ安定した通信環境を提供するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]