編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

レッドハット、顧客はハイブリッドクラウドを求める傾向

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-12-24 07:30

 クラウドに関する意見をある種の人々に尋ねれば、企業幹部も含めて誰もがパブリッククラウドに移行したいと考えているという答えが返ってくるだろう。しかし、Red Hatの顧客は異なる見方をしている。同社が世界各地の顧客を対象に実施した調査によると、回答者の31%は「ハイブリッド」クラウドが自社戦略を最も反映しているとしており、21%がプライベートクラウドのアプローチを好むとしている一方、パブリッククラウドが第一の選択肢だとしている回答者は4%にとどまっている。ただ、ちょっとした問題が1つある。それは、従来型のITからクラウドへの移行に踏み切るために、適切なスキルを有した要員を見つけるというものだ。

 企業はさまざまな理由からハイブリッドクラウド戦略を好んでいるとはいえ、全体としてみればデータのセキュリティや、コスト面でのメリット、データの統合が上位にくる。ハイブリッドクラウドは、これまで何年にもわたってさほど高い人気を得ていなかった。しかし「Kubernetes」ベースのハイブリッドクラウドモデルが台頭し、Red Hatも新たなモデルのハイブリッドクラウドを推進する有力組織の1つとなった中、今や顧客はハイブリッドクラウドを積極的に受け入れるようになっている。

 ただし、すべての顧客がそのような考えに至っているわけではない。単一のパブリッククラウド上で標準化を進めているとしている企業が依然としてある一方で、2つ以上のパブリッククラウドに基づくマルチクラウド戦略を採っているとする企業も極めて少ない(6%)ながら存在している。

 EMEA(欧州、中東およびアフリカ地域)では、現在でもプライベートクラウドが最も多く選ばれており、Red Hatのエンタープライズ顧客の3分の1はプライベートクラウド戦略を採用している。

 ただ今でも、誰もが今後はクラウドだと考えているわけではもちろんない。現在でも企業の12%はクラウド計画を一切有していないとしている。

 未来に向かって前進している企業にとって、大きな問題が1つある。経験豊富で才能にあふれる技術者の数が足りていないのだ。Red Hatの顧客の11%は、自社業務を変革するうえでスキルや才能のギャップに直面していると回答している。一見したところ、それほど深刻ではないように思える。しかし、技術的負債にまつわる課題を挙げている回答者が17%いる一方で、十分な自動化を果たせていないという回答者が11%いる。これらの回答は詰まるところ、ITスタックのシフトで求められる適切なスキルが十分でないという問題の存在を意味している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]