編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Red Hat OpenShift 4.2」、ハイブリッドクラウド開発者の「Kubernetes」利用を支援

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-18 11:02

 Red Hatは最新の「Red Hat OpenShift 4.2」により、OpenShiftでハイブリッドクラウドに注力する計画をさらに強化した。

 Red Hatのクラウドプラットフォーム担当シニアバイスプレジデントのAshesh Badani氏は、声明で次のように述べた。

 「当社は今後も、開発者が『Kubernetes』といった次世代のエンタープライズ向けオープソース技術を容易に利用できるようにしつつ、管理者の優先事項のバランスを取ることを重視していく。Red Hat OpenShift 4.2はこうした目標に配慮して、顧客がアプリケーションの開発と配信を高速化できる機能を提供する」

 同社はRed Hat OpenShift 4.2で、新しいハイブリッドクラウドモデルの中核となるKubernetesの設定と管理を、以前にも増して簡単に行えるようにした。このため開発者は、Kubernetesに精通していなくても、エンタープライズアプリケーションの開発に専念できる。

 具体的には、すぐに利用可能な以下の開発者サービスを提供している。

  • 「Red Hat OpenShift Service Mesh」:「Istio」「Kiali」「Jaeger」のプロジェクトをベースに構築し、「Kubernetes Operators」で強化。OpenShift上でマイクロサービスベースのアプリケーションの開発、デプロイ、管理を簡素化できる。
  • 「Red Hat OpenShift Serverless」:「Knative」がベース。技術プレビュー版を提供する。ユーザーのリクエストに応答可能な状態を維持したまま、ゼロへとスケールダウンしたり、オンデマンドでスケールアップしたりできるので、コスト削減が可能。
  • 「Red Hat OpenShift Pipelines」:開発者プレビュー版をKubernetes Operatorとして提供する。CI/CDプロセスの各段階をコンテナーごとに実行するため、変化するニーズに応じて、それぞれの段階を個別に拡張できる。

 さらにRed Hat OpenShift 4.2には、「Red Hat CodeReady Containers」が含まれている。構築済み環境をノートPCにインストールして、ローカル環境で開発できる。コンテナー開発ツールをローカルクラスターと連携できるフレームワークを提供することで、コンテナーベースのクラウドネイティブなアプリケーションを開発後、OpenShiftのテストベッド環境にデプロイできるようにした。

 Red Hat OpenShift 4.2では、開発者向けに以下のクライアントツールも提供している。

  • ウェブコンソールのDeveloper Perspective機能:開発者が最も必要とする情報を表示するように設定できる。
  • Odo:開発者重視のコマンドラインインタフェースで、OpenShiftでのアプリケーション開発を簡素化できる。
  • Red Hat OpenShift Connector:Microsoftの「Visual Studio Code」、JetBrainsの「IDE」(IntelliJを含む)、Eclipseの「Desktop IDE」向けコネクターにより、既存の開発環境で容易に利用できる。
  • Red Hat OpenShift Deployment Extension:Microsoftの「Azure DevOps」から、Red Hat OpenShiftのクラスターに直接デプロイできる。

 OpenShiftが「Azure」に対応していることからも分かるように、Red Hat OpenShift 4.2は、「Amazon Web Services(AWS)」、Azure、「Google Cloud Platform(GCP)」、そしてプライベートクラウドの「OpenStack」など、多数のクラウドで稼働できる。

 Red Hat OpenShift 4.2は、数週間以内に提供を開始する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]