編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

アークサーブ、メールアーカイビングのクラウドサービスを国内で開始

NO BUDGET

2019-12-19 13:00

 arcserve Japanは、「Arcserve Business Continuity Cloud」のサービスとして新たに、メールアーカイビング機能の「Arcserve UDP Cloud Archiving」を12月25日から国内で開始すると発表した。既に提供している「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve UDP Cloud Direct」に続くラインアップとなる。

 Arcserve UDP Cloud Archivingは、メールをArcserve Cloud上に長期保管するサービス。監査や証拠開示の際に、管理者が簡単にアクセスできるため、法規制や社内のコンプライアンスへの対応を可能にする。Office 365やG Suiteなどのクラウドメールシステムでは、オンプレミスを介さずにメールを長期保管できる。

 ユーザー企業はメールアーカイビングの環境構築や運用にかかわる負担を大幅に軽減できる。また、メールボックスの数やアカウント数に関わらず、Arcserve Cloud上に保管するメールの総容量に対して、テラバイト(TB)単位の年間サブスクリプションを購入する料金体系となっている。

 受注開始は12月16日で、サービス提供は12月25日から。1年間のサブスクリプションで、1TB当たり52万5000円からとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]