編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

オラクル、2020年初の定例パッチを公開--334件の脆弱性を修正

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-01-17 10:07

 Oracleは2020年最初の定期セキュリティーアップデート「Critical Patch Update(CPU)」を公開し、334件の脆弱性を修正した。2020年1月のアップデートは、過去最多を記録した2018年7月のアップデートに匹敵する規模となった。

 「Oracle Human Resources」に影響する2つのバグは、深刻度が10点中9.9点と評価された。しかし、これらのバグは認証なしでリモートから悪用されることはないという。

 ほかには、深刻度9.8の脆弱性が31件、「Oracle WebLogic Server」「Oracle Communications Instant Messaging Server」「Enterprise Manager Ops Center」「Oracle Application Testing Suite」「Hyperion Planning」「JD Edwards Enterprise One Orchestrator」に存在する。

 パッチを適用していないために、システムが攻撃されたという報告が相次いでいるため、Oracleは直ちにアップデートを適用するように呼び掛けている。

 「Oracle Database Server」には12件の脆弱性があり、そのうち3件は認証なしでリモートから悪用可能だ。しかし、これらのバグは深刻度が最も高いもので、評価は7.7となっている。「Oracle Communications Applications」に影響する25件の脆弱性のうち、23件は認証なしでリモートから悪用できる可能性がある。「Oracle E-Business」の脆弱性23件のうち21件も、認証を経ずに攻撃に悪用される恐れがある。

 認証なしに悪用可能な脆弱性は、すべての製品で191件に達する。

 「Oracle Fusion Middleware」のパッチは38件あり、ユーザー認証情報なしにリモートで悪用される恐れがあるのは30件。「Java SE」にも12件のパッチがあり、すべてがリモートから認証なしに悪用可能とのこと。

 Oracleの次の定期セキュリティーアップデートは米国時間4月14日に予定されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]