編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

キヤノンITS、高速開発環境のクラウドサービス版をリリース

ZDNet Japan Staff

2020-01-21 11:19

 キヤノンITソリューションズは1月21日、ウェブアプリケーション開発環境製品「Web Performer」のクラウドサービス版となる「WebPerformer Cloud」を発表した。提供基盤にAmazon Web Services(AWS)を利用しており、31日に販売を開始する。

 WebPerformer Cloudは、ウェブアプリケーションのローコード/ノーコード開発と実行に必要な環境(OS、Java、アプリケーションサーバー、データベース、Eclipse、バージョン管理環境など)と、接続に必要なアシストの「Ericom AccessNow」を組み合わせて提供する。利用者はPCやウェブブラウザだけですぐに開発作業に着手でき、チーム開発やニアショア開発を効率的に進められるとする。

サービスイメージ
サービスイメージ

 サービス基盤はAWSの東京リージョンで、国内でのデータ管理が求められるようなセキュリティ要件にも対応する。アプリケーション実行環境は、AWS Elastic BeanstalkやAmazon RDSなどで構成されている。動作環境のデータバックアップや監視、障害復旧などの運用保守はキヤノンITソリューションズが行う。

 また、オプションでセゾン情報システムズが開発するデータ連携ミドルウェア「DataSpider」の「Amazon Web Services アダプタ」も利用でき、利用者が開発したウェブアプリケーションとERP(統合基幹業務システム)やデータベースなどのシステムとデータ連携させることもできる。

 料金は、同時アクセス可能な開発者2人までが月額30万円、同5人までが50万円。最低3カ月間の利用期間が必要。オプションのDataSpiderは、基本構成が月額350万円から、月額ライセンスが24万円から。

 キヤノンITソリューションズでは、システム開発サービス企業やERPの刷新などを検討しているユーザー系企業などでの利用を見込んでいるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]