編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

BlackBerry、セキュアブラウザーとマルウェア対策をセットで--PCをシンクラ化

藤代格 (編集部)

2020-02-26 07:15

 BlackBerry Japan(港区)は2月25日、セキュアブラウザー「BlackBerry Desktop」とマルウェア対策ソフトウェア「CylancePROTECT」をセットにした「BlackBerry Digital Workplace」の提供を開始した。既存のPCをシンクライアントとして活用できる。

サービス内容イメージ(出典:BlackBerry Japan) サービス内容イメージ(出典:BlackBerry Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

 BlackBerry Desktopは「Chromium」ベースのセキュアブラウザー。オフラインでも「Office 365」ファイルを編集、活用できる。CylancePROTECTは、機械学習を活用した人工知能で未知の脅威にも対応できるという。

 メールや文書はオフラインでも編集可能で、オンラインの際に反映する。種類、場所に関わらず脅威を検知、デバイスを保護しつつ、時間を効率的に活用できるとしている。

 BlackBerry Desktopからは、Windows、Linuxアプリケーションのほか、デスクトップ、イントラネット、SaaSなどにアクセスできる仮想デスクトップ基盤(VDI)アプリケーション「Awingu」も活用できる。

 VDIや仮想プライベートネットワーク(VPN)環境を構築、運用せずに、自身のデバイスからメール、カレンダー、連絡先、リモートデスクトップ、各種ファイルなど、クラウド、オンプレミス環境にある企業のあらゆる仮想アプリを実行できるという。

 各デバイスのBlackBerry Desktopデータはリモートで消去できる。契約終了、緊急時の登録、プロビジョニング解除といったIT部門の複雑な作業が不要と説明。設定変更すればブラウザ外でのデータ活用もできるという。

 本国カナダで2月5日から提供しており、中心のユースケースに個人PCを在宅で業務利用する私物端末の業務利用(BYOD)をあげている。

 ユーザーとデバイスごとに1ライセンス必要で、最小20ユーザーから。税別の提供価格は1ライセンス約1000円。

詳細機能イメージ(出典:BlackBerry Japan) 詳細機能イメージ(出典:BlackBerry Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]