編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

楽天モバイル、5Gのクラウドネイティブな基盤にノキアを採用

ZDNet Japan Staff

2020-03-11 16:16

 楽天モバイルが構築した5G(第5世代移動体通信)のクラウドネイティブなモバイルネットワークでは、光伝送にNokiaが採用された。Nokiaが3月10日に発表した。

 楽天モバイルのモバイルネットワークは、世界初というクラウドネイティブなソフトウェアベースで構築されている。このバックホールネットワークを稼働させるために、「Nokia 1830 Photonic Service Switch」が導入されるという。Nokiaの「Photonic Service Engine 3(PSE-3) スーパーコヒーレントチップセット」およびCバンドやLバンドの超広帯域波長ルーティングを使い、最大容量とビット当たりのコストを最適化できるとする。

 楽天モバイルは4月に商用サービスを本格化させる予定。当初は4Gサービスだが、ネットワーク帯域幅を簡単かつ柔軟に拡大することにより、5Gサービスの迅速に展開していく。同社 取締役兼最高技術責任者のTareq Amin氏は、「世界初のエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構築し、エンドユーザーに対して、前例のないネットワークの機敏性と業界を変革させる経済性を提供していく」とのコメントを寄せている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]