編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

グーグル、国家の支援を受けたフィッシング攻撃の警告送信数が減少と報告

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-03-30 10:52

 Googleが、国家の支援を受けたフィッシング詐欺やマルウェア攻撃に関して2019年に送信した警告の数は約4万件で、2018年に比べると25%減少したという。しかし攻撃者は状況に適応しているようだと同社は述べている。

フィッシング
提供:CNET

 Googleにおけるハッカー対策のエリート部隊「Threat Analysis Group」(TAG)は米国時間3月26日、このようなフィッシング詐欺の状況について報告した。同社の「Advanced Protection Program(APP)」などがフィッシング対策に寄与しているとみているようだ。ただ同社によると、攻撃の試み自体は全体的に減少しているものの、攻撃者はより慎重なやり方で標的を欺こうとするようになっているという。

 TAGのセキュリティエンジニアリングマネージャーであるToni Gidwani氏は、「2019年には、警告を受け取ったアカウントの5つに1つは、攻撃者から何度も狙われていた。最初の攻撃が成功しなかった場合、攻撃者は別のアカウントから異なるわなを仕掛けたり、標的の関係者に狙いを定めている」と報告している。

 Googleは、主に北朝鮮やイランを拠点にする攻撃者が増加していると述べた。彼らは例えば、ジャーナリストになりすまし、フェイクニュースを拡散させようとする。また、複数の正常なメールを送って信頼関係を確立した上で、マルウェアを添付した電子メールを送りつける場合もあるという。

 Googleは12月、フィッシングのリンクかどうかをリアルタイムにチェックする機能を「Chrome」ブラウザに追加したと発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]