編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

富士通、中長期戦略の策定・実行を支援するシンクタンクを設立

ZDNet Japan Staff

2020-03-31 12:25

 富士通は3月31日、同社グループの中長期戦略の策定・実行を支援するシンクタンクとして、新会社「富士通フューチャースタディーズ・センター(FFSC)」を設立すると発表した。6月1日に事業を開始する予定。

 FFSCは、国内外の研究者、実務家、ビジネスパーソンなどと連携し、地政学的な観点を含めた国際情勢と先端技術の動向を横断的に調査・分析。その成果をグループ各社に提供することで、中長期戦略の策定・実行を支援する。

 理事長には、富士通のエグゼクティブアドバイザーで、前国家安全保障局長、元外務事務次官の谷内正太郎氏が就く。代表取締役社長には、富士通 執行役員常務の山守勇氏が兼務する。資本金は1000万円で、富士通が100%出資する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]