編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ファイルにセキュリティ付与する「Box」をテレワークで検討すべき理由の勘所

阿久津良和

2020-04-17 06:45

 Box Japanは4月16日、オンライン記者説明会を開催し、クラウドストレージサービス「Box」がテレワーク/リモートワークを効率化できる理由を説明した。

 新型コロナウイルスの爆発的流行に伴い、政府は4月8日に7都道府県に緊急事態宣言を発令。これまで遅々として進まなかったテレワーク導入が加速化したものの、同僚やビジネスパートナー、顧客とのコミュニケーション確立に難解さがあることに気付いた方は少なくないだろう。

 執行役員 マーケティング部 部長 三原茂氏はテレワーク環境で重要なのは「業務に必要なコンテンツ(情報)にアクセスできる仕組みとセキュリティ」と指摘しつつ、ゼロトラストセキュリティをベースにしたBoxの利便性を強調した。

Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長 三原茂氏
Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長 三原茂氏

 東京商工リサーチ(TSR)が4月10日に発表した第3回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査結果によれば、全1万7340社での在宅勤務実施率は25.39%。未実施の企業は1万2938社におよぶ。資本金1億円以上の大企業(2835社)と資本金1億円以下の中堅中小企業(1万4505社)を比較すると、テレワークの実施割合は大企業が48.08%、中堅中小企業が20.95%という結果となった。

 テレワーク実施を阻害する要因として、VPNやシンクライアントのキャパシティ不足、社外持ち出しPCの手配などセキュリティにまつわる懸念が多い。

 Box Japanによれば、Boxの共有機能を利用するユーザー数は37%増(2月と3月の最終週を比較)。Zoomとの併用利用は585%増(2月と3月を比較)、Microsoft Teamsなど他のアプリケーションを用いた併用利用も22%に増加した。三原氏は「新型コロナウイルスはグローバルで発生しているため、コラボレーションやコミュニケーションの需要増が伺い知れる」と分析する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]