テラデータの新CEOにスティーブ・マクミラン氏--6月8日就任へ

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-08 11:01

提供:ZDNet.com
提供:ZDNet.com

 Teradataは米国時間5月7日、同社の取締役会が新たなプレジデント兼最高経営責任者(CEO)にSteve McMillan氏を任命したと発表した。McMillan氏は直近では、F5 Networksのグローバルサービス担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めている。同氏は6月8日よりTeradataの指揮を執り、取締役会にも加わる。

 Teradataは、買い取りからサブスクリプションへと事業の移行を進めており、McMillan氏の任命はそうした変動の中で行われた。

 現在Teradataの暫定CEOを務めるVictor Lund氏は、McMillan氏の就任に伴い、取締役を退任する。Lund氏は2019年11月、前CEOのOliver Ratzesberger氏が就任からわずか1年未満で退任した際に、同職を引き継いだ。当時、CEO交代は驚きを持って伝えられた。Teradataが事業の移行プロセスを開始後、Ratzesberger氏がCEOになるべく育成されていたからだ。

 McMillan氏はF5 Networksで、グローバルサポート、コンサルティング、サービスチームなど、同社の世界事業の半分以上を統括していた。それ以前は、OracleやIBMなどの大手一流企業で上級管理職に就いていた実績を持つ。

 McMillan氏は声明で、「Teradataが成長戦略の次なる章を迎えるにあたり、同社を率いる機会を得られて光栄に思う」「顧客主導のアプローチをとり、協業的でオープンなリーダーシップを発揮してTeradataの戦略を前進させ、ハイブリッドのクラウドベースのソリューションを必要とする世界中の顧客から同社がパートナーとして選ばれるようにしたい」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]