編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
Microsoft Build

マイクロソフト、RPAプラットフォームのSoftomotive買収

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-20 11:37

 Microsoftは米国時間5月19日、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダーSoftomotiveの買収を発表した。買収額は明らかにされていない。Microsoftは、「WinAutomation」をはじめとするSoftomotive製品を「Microsoft Power Automate」(以前の「Microsoft Flow」)ツールに取り込む計画だ。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftによると、Softomotiveは現在、9000万を超える世界の顧客が、レガシーアプリとモダンなデスクトップアプリを横断して業務プロセスをシームレスに自動化できるよう支援している。Microsoftは、WinAutomationとPower Automateを組み合わせ、RPAのデスクトップのオーサリングのさらなるオプションを提供する計画だ。これにより、「誰でもボットを構築し、『Windows』ベースのタスクを自動化できる」と同社は説明している。

 また、WinAutomationとPower Automateを連携したこのサービスによって、SAPのほか、レガシーなグリーンスクリーンのターミナルのアプリケーションなどのアプリやサービスへのRPAの接続が可能になる。Softomotiveの技術は、ローコードのボット開発を行う顧客を支援するとMicrosoftは説明している。

 同社によると、毎月35万以上の組織が現在、Power Automateを利用し、高度な機能を活用して生産性を高めている。Power Automateは、Microsoftの「Power Platform」ファミリーのローコード/ノーコードツールの1つとなる。

 Power Automateを利用している顧客は19日より、WinAutomationを使って、クラウドあるいはデスクトップでレガシーなタスクを自動化できるようになる。Microsoftはこの機能を、Power Automateの手動RPAを含むライセンスを有する顧客に追加費用なしで提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]