編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新潮流Device as a Serviceの世界

「As a Service」「サブスクリプション」にとってIDが大事な理由

松尾太輔 (横河レンタ・リース)

2020-06-01 06:00

 前回に引き続いて今回も「ID」のお話です。新型コロナウイルスの影響から企業ではテレワークの導入が進んでいます。そのためにゼロトラストや社外のネットワークでも、PCを管理できる環境が必要であるとお話ししました。その流れは連載第5回の最後で触れた通りですが、今回は「運用された状態のデバイスをサービスとしてユーザーが直接受けるためにも、サービスを受ける人を特定するIDが重要になる」という部分について掘り下げ「As a Service」「サブスクリプション」にとってのIDの重要性を説明します。

 Device as a Serviceは、「as a Service」とあるように、サービスとして提供されます。サービスである故に、柔軟に変化できるべきです。Software as a Service(SaaS)では、サービス提供業者が頻繁なアップデートによって提供する価値を短期間で向上させることが可能です。向上した価値を価値として感じるのが人(=体験)であることは、言うまでもありません。そのため、SaaSではサービスの価値が向上したことを「体験の向上」と表現することもよく見られます。

 Device as a Serviceにおいても、この「体験の向上」というファクターは重要です。それは、連載の第3回で「価値が下がることなく、むしろ上がっていく」ことがサブスクリプションビジネスには重要で、そのために「As a Service」であるべきと申し上げました。サービスである故に、柔軟に変化が可能であり、むしろそれがない「サブスクリプション」「As a Service」はまがいモノと言っても過言ではないでしょう。

 それでは、その変化の起点とは、どこにあるべきでしょうか。

 当然ですが、顧客です。サービス提供業者は、顧客の満足度を向上し、ひいては解約を阻止するために顧客の体験の向上に努めます。クラウドサービスがサブスクリプションで提供されるのは、常に価値の向上、体験の向上がなされるからと申し上げました。サービス提供業者の視点では、価値の向上・体験の向上がなく、顧客に「必要がない」と判断されれば解約になり、収益が途絶えます。

 サブスクリプションは、販売のライセンスと違い、最初にライセンス料が入ってきません。その何十分の一の月額使用料を継続して得られないと、サービス提供業者は儲けることができません。サブスクリプションが世の中に浸透しつつあるのは、サービス提供業者と顧客企業がWin-Winになれる仕組みであるからと言えます。

 そして、Device as a Serviceは「運用された状態のデバイスをサービスとして提供する」というものです。顧客としてこのサービスを受ける人は、主は利用者たる従業員(=ユーザー)になります。もちろんIT管理者が選定し、コントロールするサービスなので、管理者が全く関係しないわけではありませんが、サービスはユーザー中心であるべきです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]