従業員エンゲージメント維持には「安全、会社への信頼、コミュニケーション」 - (page 3)

阿久津良和

2020-06-01 06:30

「リモートでの接続環境が整っていない」

 クアルトリクスとインテージによる調査結果だが、在宅勤務の実施状況を業種別に見ると、医薬品や健康食品を手掛ける製造業・メーカーの完全在宅勤務率が54%とトップに立ち、ソフトウェア・情報処理・その他の情報サービス業(45%)、家電製品系製造業・メーカー(43%)、情報通信業・電気通信業(40%)と続く。逆に最下位から並べると、薬剤師を含む医療(2%)、地方公務員(3%)、福祉・運輸業(4%)の順だった。

クアルトリクス EXソリューションストラテジーディレクター 市川幹人氏
クアルトリクス EXソリューションストラテジーディレクター 市川幹人氏

 在宅勤務を阻む理由としては、「勤務先にリモートでの接続環境が整っていない(33件、複数回答)」「お客様と対面でのコミュニケーションが必要なため(29件)」「リモートではアクセスできない情報がある(25件)」といった声が多く、自由記述コメントでは「業務内容が個人情報を扱うため、自宅での勤務は困難」「書類などの印刷、ファイル、郵送、押印処理などがかなり多いため」といった意見が寄せられた。

 一方で興味深いのが生産性・勤務時間の変化である。「政府も働き方改革で生産性を向上させる有力な方法と述べているが、今回は準備なしで在宅勤務しているため、完全在宅勤務、一部在宅勤務の約半数は効率が低下している」(クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター 市川幹人氏)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]